【荒野行動】初心者におすすめの練習方法!コツやテクニックを紹介!

荒野行動初心者が上手くなる練習方法荒野行動

荒野行動という楽しいゲームをしていても敵を倒せない、勝てないという状況が続くと楽しい気持ちが半減しますよね。

友達とワイワイしながらしていても上手いことに越したことはないし、上手ければ仲間からも褒められて良い気分になったり良い事づくしです。

 

そこで今回紹介したいのは、初心者から中級者の方が少しでも早く上達できる練習方法です。

この練習をすることにより今よりも敵を倒す速度や数はかなり増えると思います。

実際に私が行ってきた練習やコツ、テクニックを紹介していきます。

スポンサーリンク

荒野行動で初心者におすすめの練習方法①射撃場

練習といえば射撃場というイメージがあり、すでに多くの方も射撃場で練習というように紹介していると思います。

射撃場は練習方法によってかなり有意義な場所になることは間違いないと思います。

私もゲームをプレイするときは必ず射撃場に行ってから始めるくらいです。

 

ではどのような練習方法があるのか説明していきます。

まず私は射撃場に行ってから練習したい武器を取ります。

射撃場

この練習の手順は以下の通りです。

1、画像の位置辺りまで移動

2、ドットサイトを覗いて、撃ちます。

3、弾痕がまとまるように意識する。

4、慣れてきたら左右に移動しながらでもまとまるようにする。

これはリコイルコントロールの練習となり、実践で敵を撃つときに倒す速度に直結しますので必須です。

射撃場

次は先ほどの練習と同じ容量で窓枠を狙って撃つ練習です。

建物などから敵がこちらを見ている状況を想定しましょう。

 

この練習は荒野行動でTOPクラスの方も紹介しているほどの練習方法なので、間違いないでしょう!

こちらも慣れてきたら移動しながら撃つようにしていきます。

射撃場

こちらも様々な方が紹介している練習方法で、赤い枠で囲まれたところを左右に撃つ練習です。

これは移動している敵を撃つことを想定して行う練習となっており、実践でも移動している敵を撃つ機会は多いので練習必須です。

しかし実際にやってみると意外にも難しい練習なので、少しずつ練習していくことをおすすめします。

弾痕がキレイに一直線になっていれば完璧ですね!

次は特に初心者におすすめする練習方法です。

画像ではわかりにくいですが、これは射撃場内を走り回ってBOTを腰だめ撃ち(ドットサイトを覗かない)でひたすらに倒していく練習です。

初心者の方はドットサイトを覗いて撃つよりも腰だめ撃ちを使用する機会のほうが多く、素早く敵に合わせて撃つ練習は基本となります。

 

意識する点は以下の通りです。

1、動くBOTに素早くエイムを合わせて撃つ

2、一定方向ではなく前後左右様々な方向に移動しながら撃つ

3、なるべく頭を狙う

荒野行動は特に腰だめ撃ちが強いゲームであり、上級者も腰だめ撃ちを行うので練習しておいて損なことはないですね!

射撃場の練習で最期に紹介するのは中距離の練習で、この位置から動くBOTを倒してください。

今までの練習は比較的に近い距離が多かったですが、実践では中距離の敵を倒さなければいけない場面も出てきます。

コツとしては距離によって発生する偏差を意識することです。

スポンサーリンク

練習方法②メインストリート

メインストリート

メインストリートとは5vs5で比較的狭いMAPで近距離戦の撃ち合いをして先に50ポイント獲得したチームの勝利となるレジャーなのですが、これがかなり近距離の練習になります!

 

荒野行動は近距離戦は大事なので、次々と近距離戦の撃ち合いを行えるメインストリートは練習にもってこいなのです。

さらに1戦平均5分ほどで行えるので通常マッチに行くよりも数をこなすことができます!

 

メインストリートで敵を倒すコツは

1、足音を聞いて敵が来る方向を予測

2、棒立ちで撃たない

3、一人倒してもすぐに次の敵が来る場合が多いのでリロードのタイミングを意識

これらを踏まえて後はジャンプしながら撃ったり、敵からあまり撃たれない射線管理を意識していけば近距離戦はかなり上達すること間違いなしです!

スポンサーリンク

練習方法③団体競技場

団体競技場

お次の練習方法は団体競技場です。

通常マッチのMAP内で決められた範囲を5vs5で戦い、先に全滅させた方の勝利となるレジャーで、こちらは遠距離・中距離・近距離と全ての距離での戦いを練習することができます。

 

団体競技場で人気なのは旧マップの麦畑で、建物が少ないので純粋な撃ち合い勝負が行えます。

麦畑で練習する場合に意識する点はこちらです。

1、射線管理を徹底

2、敵が何人かダウンしたら味方と一緒に詰めていく

 

建物が少ないということは体を出し過ぎては一斉に撃たれる的となりますので、敵から撃たれないor撃たれてもすぐに射線を切れるようにします。

これは実践でも必ず意識しなければいけない点ですので徹底しましょう。

 

また敵が何人かダウンしたら詰めるというのは、例えば自分のチームが5人いて相手が2枚ダウンしてて生存しているのが3人なら5vs3という状況が生まれます。

その人数差などを意識すれば相手を全滅させることもできますし、実践でも数の差は重要となってきますので頭に入れておきましょう。

 

メインストリートよりも遠い距離で撃ち合うことが多いので、少し離れた敵を倒す速度を上げる練習にもなりますのでおすすめです!

スポンサーリンク

番外編

いくつかの練習方法を紹介してきましたが、上達する上で欠かせないことを教えます。

それはメンタルです。

つまり気持ちの部分ですね!

 

いくら射撃場やメインストリートで練習しても、プレイする本人が上手くなりたいという気持ちがなければ上達はしません。

これは荒野行動に限らずスポーツなどでも同じです。

 

なので気分が乗らない時はむしろ練習を控えるのも良いでしょう。

よし!やるぞ!!という気持ちになった時に練習するほうが早く上達します。

確かにこういうゲームは毎日のプレイが上達に関わってくるのは間違いないですが、思い切って休憩することも大事ですよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は初心者におすすめの練習方法をいくつか紹介させていただきました。

今よりももっと上手くなりたいと思っている方の参考になれば幸いです!

 

上達し、敵をより倒せるようになって楽しい荒野行動ライフを送りましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント