【コロナウイルス臨時休校】子供の預け先はどこに?保育所はどうなる?

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために3月2日から春休みが明けるまで全国小中高校に臨時休校にする要請が出ました。

仕事をしている親御さんは「明日から子供の預け先はどうしよう!」「保育所はどうなるの?預けれるの?」など気になる問題が出てきますよね。

 

そこで今回は「【コロナウイルス臨時休校】子供の預け先はどこに?保育所はどうなる?」ということで子供の預け先はどこがあるのか、保育所はどうなっているのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

コロナウイルスにより小中高臨時休校

安倍晋三首相は27日の新型コロナウイルス感染症対策本部会合で、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、3月2日から春休みが明けるまで、全国の小中高校や特別支援学校を臨時休校にするよう要請すると表明した。

引用:Yahoo!ニュース

すでに北海道では臨時休校という対策を取っていたようですが、新型コロナウイルスの感染拡大が凄まじく防止しなくてはいけないという判断により全国の小中高で臨時休校の要請をするという速報が発表されました。

スポンサーリンク

小中高は臨時休校だけど保育所はどうなる?

小中高の臨時休校は発表され、幼稚園もどんどん休園している所はあるそうですが保育所はどうなるのかとても気になりますよね。

調べてみるとこのような発表を見つけました。

 新型コロナウイルスの感染拡大で政府が全国の小中学校、高校に臨時休校を要請すると表明したことに対し、厚生労働省は27日、保育所は一斉臨時休園の要請対象ではないと明らかにした。

引用:Yahoo!ニュース

つまり現在保育所には一斉休園要請はしていないそうです。

しかし今後コロナウイルスの感染拡大により休園となる場合も充分考えられます。

スポンサーリンク

子供の預け先はどこに?

北海道の臨時休校という対策を受け、私たちの地域でも臨時休校になるのではないかと予想はしていましたが、まだ小さい子供だけを家に置いて仕事に出かけることもできないですよね。

かといって、臨時休校の期間は仕事を休むとなると、死活問題です。

さぁ、困った・・・。

ということで、どこか預け先はないものかと調べてみました。

ファミリーサポート

ファミリーサポートとは自治体が主体となって運営している、地域の子育てを助けあう活動です。

子供の送迎や預かりなどの依頼に対応しています。

指定の研修を受けた方がサポートしてくれるので安心です!

 

対象は主に3歳~12歳の子供で、料金は一時間600~1000円が相場のようです。

また料金は地域や時間、平日か休日かによっても変動があるそうなので詳細は依頼したいファミリーサポートへ問い合わせてみるのがおすすめです。

女性労働協会

こちらで全国のファミリーサポートセンターを検索することができます。

ベビーシッター

ベビーシッターに預けることのできる子供の年齢は会社によって違いがあり、主に0歳~12歳くらいの子供を対象としている場合が多いようです。

 

料金の相場は一時間1000~4000円前後のようですが、兄弟での利用や年齢、追加サービスによって変動する場合もあります。

KIDSLINE

こちらで全国のベビーシッターを検索することができます!

スポンサーリンク

まとめ

今回の臨時休校はコロナウイルス感染拡大を防ぐには必要な対策ですが、小さな子供を持つ親御さんにとってはとても複雑な気持ちになりますよね。

 

仕事を休んで子供についていてあげられたら一番良いのですが簡単に仕事を休めるというものでもありません。

仕事が休めず実家にも預けられない場合はファミリーサポートやベビーシッターなどという一時保育サービスを利用してみるのも良いかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント