【新型コロナウイルス】JR相模原駅の駅員が感染によりいよいよ駅も閉鎖か?

新型コロナウイルス

2020年2月24日お昼頃にJR相模原駅の駅員が新型コロナウイルスに感染していたことを発表しました。

名古屋の高速道路料金所が閉鎖に続き、駅までも閉鎖されるのではないかという不安も出てきました。

新型コロナウイルスの感染で私たちの生活は一体どうなってしまうのでしょう?

スポンサーリンク

JR相模原駅の駅員が新型コロナウイルスに感染

 神奈川県相模原市で22日に新型コロナウイルスの感染が確認されていた一家4人のうち、50代の男性がJR東日本の社員で、16日まで駅で勤務していたことが明らかになりました。

相模原市によりますと、22日に感染が確認された50代の男性はJR東日本の社員で、相模原駅の事務作業を担当していたことが分かりました。JR東日本によりますと、男性は発症した16日に相模線の相模原駅で当直業務をしていました。接客の業務はしていないということです。また、男性は同じ日に上溝駅、原当麻駅でもマスクを着けて業務をしていました。JR東日本は3つの駅の事務室のほか、乗客が触れる手すりやエスカレーターのベルト、エレベーターのボタンなどをすでに消毒したということです。また、男性と接触のあった9人の検査を今後することにしていますが、これまでに微熱があった2人の社員をすでに自宅待機にしています。男性の妻と長女、次女もすでに感染が確認されていて、自宅療養を続けています。

引用:Yahoo!ニュース

この駅員の方は4駅にまたがり濃厚接触した方が8名にも及ぶとのことです。

相模原駅が5名、上溝駅が1名、原当麻駅1名、橋本駅1名となっています。

他にも20数名接触した可能性のある職員がいるそうですが、接触をした中で微熱がある方2名は自宅待機させていると報道がありました。

 

相模原駅の駅員の家族の方も陽性ということで、もはやどこで感染したなどの感染源はわからなくなってきますね!

スポンサーリンク

JR相模原駅は閉鎖されるのか?

駅員が新型コロナウイルスに感染したということで不安になってくるのは電車は通常通り運行されるのか、駅は閉鎖されるのかというところですよね。

2月24日午後14時30分では駅は閉鎖されていません。

 

しかし駅ではないですが名古屋の高速道路料金所も職員が感染したことにより料金所が閉鎖されているということもあり、今後他の職員の方がどんどん感染していくなどの事態があれば閉鎖される可能性は0というわけではなさそうですが・・・。

 

また駅、電車は多くの方が利用していることもあり、ますます新型コロナウイルスの感染被害は増えていくかもしれませんね。

今後新しい情報があり次第追記していきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回はJR相模原駅の駅員が新型コロナウイルスに感染したことによりJR相模原駅は閉鎖されるのかについてまとめました。

現在は閉鎖されていませんが、今後の感染状況により閉鎖される可能性も出てくることはあるかもしれません。

もし駅が閉鎖となると大変多くの方が困りますよね・・・。

駅のほうも感染対策をしっかりするそうですが、私たちもできるだけ対策はしたほうがいいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント