【新型コロナウイルス】閉鎖された名古屋高速道路料金所はここ!今後の閉鎖予定は?

新型コロナウイルス

愛知県名古屋市の高速道路に務める事務員が新型コロナウイルスに感染したという情報がありました。

感染した事務員の方は料金所に勤務はしていなかったそうですが、料金所に勤務する職員52名と接触した可能性があり職員は自宅待機となっているそうです。

それに伴い名古屋の高速道路の料金所が5ヶ所閉鎖されます。

 

そこでどこの料金所が閉鎖されるのか、今後閉鎖予定の高速道路・料金所はあるのか調べてみました。

なので今回は「【新型コロナウイルス】閉鎖された名古屋の高速道路はどこで今後の閉鎖予定は?」ということでまとめていきます。

スポンサーリンク

名古屋高速の事務員が感染

名古屋高速道路公社は22日、料金収受会社に所属する60代男性事務員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。事務員本人は料金所に勤務していないが、料金所勤務の職員ら52人が濃厚接触した可能性があり、同高速は自宅待機を命じた。

引用:中日新聞

こちらが60代の男性事務員さんが新型コロナウイルスに感染したという発表です。

事務員さんは料金所に勤務していないが料金所に勤務している方52人と接触しているということで職員の方々は自宅待機しているとのことですが、これにより高速道路の料金所が閉鎖されるのは不便なところもありますよね。

スポンサーリンク

閉鎖された名古屋の高速道路料金所はここ!

閉鎖された名古屋の料金所は5ヶ所で2020年2月22日午前9時から閉鎖されています。

またETCの入口も閉鎖されているそうなので完全に閉鎖された名古屋の高速道路が使えなくなっているそうです。

六番南料金所・六番北料金所

六番南料金所は愛知県名古屋市熱田区にある名古屋高速4号東海線の出入り口で、接続する道路は名古屋市道江川線と国道1号線です。

六番北料金所は六番南料金所の隣にあり、都心環状線方面への入口となっている料金所で、接続する道路は名古屋市道江川線と国道1号線です。

木場料金所

木場料金所は愛知県名古屋市港区木場町にあり、名古屋高速4号東海線の出入り口となっています。

接続する道路は港楽木場町線です。

船見料金所

愛知県名古屋市港区船見町にある名古屋高速4号東海線の出入り口で、接続する道路は愛知県道55号名古屋半田線です。

鳥森料金所

愛知県名古屋市中村区畑江通にある名古屋高速5号万場線のインターチェンジで、接続する道路は愛知県道115号津島七宝名古屋線です。

名古屋西方面に一般とETC専用のレーンが1つずつあり、新洲崎方面は出口のみで料金所はありません。

スポンサーリンク

今後名古屋で閉鎖予定のある高速道路料金所はある?

2020年2月23日に東海新宝料金所が閉鎖されると発表がありました。

こちらは愛知県東海市新宝町にある名古屋高速4号東海線の出入り口です。

これで合わせて6ヶ所の高速道路が閉鎖されることになりましたが他にも閉鎖予定の料金所はあるのか気になって調べてみました。

 

調べた結果今のところ上記6ヶ所以外閉鎖予定の料金所はありませんでした。

しかし今後新型コロナウイルスの感染が拡大もしくは職員の方の中で感染者が出ることにより閉鎖となる料金所はあるかもしれません。

新しい情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク

まとめ

今回は名古屋で閉鎖された高速道路の料金所や今後閉鎖予定の料金所についてまとめました。

一般、ETC両方が閉鎖されることにより仕事などで高速道路を利用される方にはとても厳しい状況となってしまいましたね。

早く閉鎖が解除されればいいんですが・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント