【嵐】北京公演中止で謝罪!「残念だけど賢明な判断」などの声多数

芸能

新型コロナウィルスの感染が拡大により、懸念されていた北京公演を「苦渋の決断」により断念することになった嵐。

苦渋の決断」がどれほどのものだったのか、想像するのも辛くなる決断です。

 

2008年に開催された北京オリンピックの会場だった北京国家体育場での公演を予定、準備を進めていました断念することになってしまいました。

これを受け、ファンの間では「仕方ない」「賢明な判断」など安堵する声も多くみられました。

スポンサーリンク

嵐が中国版ツイッター「ウェイボー」で謝罪

【大野智】

今日は僕たち嵐から皆さんに報告があります

【櫻井翔】

今年4月に北京国家体育場、通称『鳥の巣』でコンサートをさせていただく予定で準備を進めていましたけれども、今回は断念することになりました

【松本潤】

2008年以来の中国公演を、僕たちもとても楽しみにしていました

【相葉雅紀】

楽しみにしていてくださった皆様、本当にごめんなさい

【二宮和也】

一刻も早く皆さんの生活が平穏な日々に戻ることを祈っています

 

メッセージを送ったあとに、中国語で歌っている「A・RA・SHI」の映像が流れました。

スポンサーリンク

北京公演の中止に「残念だけど仕方ない」などの声

今回の北京公演中止は、新型コロナウィルスの感染拡大によるもの。

これを受けネットには「残念だけど仕方ない」などの声が多数寄せられています。

スポンサーリンク

まとめ


こんなに辛い「決断」をしないといけなくなった嵐と、それを受け入れるファンの方。

とにかくコロナウィルスが終息してくれる事を祈るばかりです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント